1. ホーム
  2. 書籍
  3. やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい

やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい

これは無能の烙印を押された、大軍師となる少年のヒロイック・ファンタジー

人類が圧倒的な銃の力を武器に、ファンタジー種族を滅ぼしゆく時代――エルフの村を追放された人間の少年ガーディは、金貨姫フローリンの領地に身を寄せる。それは後世に語り継がれる大軍師伝説の始まりだった――!

製品情報

発売日
定価
本体620円(税別)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040656755