1. ホーム
  2. 書籍
  3. 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年...

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。3 3年分の「ありがとう」だよ、先輩

――伊織先輩は、私のことなんて、早めに忘れてしまってほしい

生原小織。怪しげな露天商ナナさんの店でバイトをしている、正体不明・詳細不明・神出鬼没の後輩……のはずだった。そんな彼女が、病院で眠り続ける「思い出せない僕の親友」と同じ名前・顔をしているという。この不可思議な状況、「生原小織」は間違いなく《星の涙》を使っている、はずだ。
「私の――生原小織の願いを否定してほしいんだ」
僕は何もかもを忘れてしまっていた。「生原小織」の素顔、口調、性格、彼女と僕の関係。彼女が何を想い、何を願って《星の涙》に縋ってしまったのか。それら全てに、全ての感情に蓋をしてきたのだ。そして――そもそも対価を払ったのは誰だったのか、ということにも。

製品情報

発売日
定価
本体680円(税別)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040649474