1. ホーム
  2. 書籍
  3. 探偵はもう、死んでいる。
  4. 探偵はもう、死んでいる。2

探偵はもう、死んでいる。2

コミカライズ決定! これは、探偵が"まだ死んでいなかった"頃の一幕。

高校三年生の俺・君塚君彦は、かつて名探偵の助手だった。
シエスタを失ってから一年が経ち、夏凪や斎川と出会い、シャルと再会した俺は、ある日、彼女たちとともに《シエスタ》に誘拐される。
そこで語られるのは俺が『忘れている』らしいシエスタの死の真相。
探偵と助手の長くて短い旅の記録。
地上一万メートルの上空で始まる少年と少女の冒険譚だった。
「君たちには、どうか見届けてほしい。私が挑んだ最後の戦いを──」
そうしてシエスタは告げる。
まだ誰も知らない真実を。
どうして探偵がもう、死んでいるのかを。
一巻発売後、異例の大反響となった第15回MF文庫Jライトノベル新人賞《最優秀賞》受賞作、追憶の第二弾。

【初回限定】二語十書き下ろしSS【コスチュームプレイ(意味深)】&うみぼうず描き下ろしイラスト『猫耳メイドver夏凪渚』入りリバーシブルカバー仕様!!
※特典は紙本限定となりますのでご注意下さい

探偵はもう、死んでいる。2

製品情報

発売日
定価
本体640円(税別)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040643281

「探偵はもう、死んでいる。」シリーズ

その他の情報

初回限定リバーシブルカバー仕様(紙のみ)



店舗特典情報