1. ホーム
  2. 書籍
  3. 消せる少女
  4. 消せる少女

消せる少女

──彼女はどんどん、消えていく。

──彼女はどんどん、消えていく。

中学生の北斗には親がいない。
たった一人血の繋がった姉は毎晩働きに出ており、結果、北斗は夜に出歩くことが多かった。
そんな夜の町で出会った少しだけ年上の少女・ユリ。
北斗とユリは少しずつ交流を重ねていくが、ある日、北斗の姉に重大な病気が見つかってしまう。

そして、ユリは姿を消した──。

この世で一つ、なんでも消せる。でも消すたびに自分が一つ消えていく。
そんな兵器な少女と、なんでもない少年の物語。

製品情報

発売日
定価
748円(本体680円+税)
サイズ
文庫判
ISBN
9784046833426

「消せる少女」シリーズ