1. ホーム
  2. 書籍
  3. また殺されてしまったのですね、探偵様
  4. また殺されてしまったのですね、探偵様4

また殺されてしまったのですね、探偵様4

ロボットと人間の心中? 近未来刑務所で発生した密室殺人に朔也が挑む!

「追月朔也を呼んでくれ」
最初の七人の一人、フェリセットによって呼び出された朔也。
場所は屈斜路刑務所。一万人を超える受刑者とロボットの看守により構成された日本最大にして最先端の刑務所だった。
朔也はそこでフェリセットにある事件の解決を依頼される。それは、殺人を犯せないはずのロボットと人間が密室で心中を起こしていたというもので──。
AIと人間の境界とは、ロボット三原則の限界とは何か。シリーズ最大巨編で贈る近未来監獄ミステリ、開幕!

製品情報

発売日
定価
770円(本体700円+税)
サイズ
文庫判
ISBN
9784046817501

「また殺されてしまったのですね、探偵様」シリーズ