1. ホーム
  2. 書籍
  3. ようこそ実力至上主義の教室へ
  4. ようこそ実力至上主義の教室へ7

ようこそ実力至上主義の教室へ7

新たな学園黙示録第七弾!

2学期も終了間近の12月半ば、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……。そのような状況で清隆は唐突に茶柱先生に呼び止められる。珍しく弱気な表情の茶柱が案内した先にいたのは――「既に退学届は用意させてある。校長とも話がついている。後はおまえがイエスと言えばそれで終わりだ」「あんたの命令が絶対だったのはホワイトルームの中での話だろ。あの部屋はもうない。命令を聞く必要もない」退学を迫る清隆の父親、そして学校の理事長から、秘められた高度育成高等学校のシステムが語られ――!?

製品情報

発売日
定価
本体580円(税別)
サイズ
文庫判
ISBN
9784040694580

「ようこそ実力至上主義の教室へ」シリーズ